福祉 ニュース関連情報

夜間の勤務に対する賃金

福祉行政において、大切な位置を占める介護保険制度は、ときどきニュースで報道されます。
そうした介護保険制度に関するニュースでは、介護職への定着が課題と報じられることが多いのです。
介護職は、介護福祉士やヘルパーなど、いくつかの専門職が存在しています。
このうち介護福祉士は、国家試験に合格する必要がありますし、ヘルパーも養成講座の受講が必要です。
そのため、介護職に就くためには、ある程度の勉強や努力をしなければなりません。
また、単に勉強や努力するだけではなくて、それに対して投資をしなければならないのです。
それにも関わらず、介護職への定着率が低いのは、労働条件に問題があると指摘されています。
まず、介護施設には宿泊型の施設が存在します。
宿泊型ということは、夜間も介護をすることになるのです。
夜間の勤務は、看護師にも共通していまして、しばしば定着率との関係が指摘されています。
そこで実施が検討されているのが、夜間の勤務の賃金の上昇です。
したがって今後は、夜間の勤務に対する賃金が、改正されると期待されているのです。

Copyright(c) 福祉 ニュース . All Rights Reserved.